富山の名水
今日、鰤に下味をつけようと思ったら、料理酒がきれていることに気づき、もったいないなーと思いながらちょっとだけ拝借した
「ギンレイタテヤマ 本醸造」 
f0224060_22284425.jpg
ただ辛いだけじゃなくて、甘くなくてトロトロとコロコロと喉もとへ転がり落ちていくような・・・まさに富山の脂ののった魚と一緒に愉しむべき日本酒。
そんなお酒。

実は、コレ夏の終わりの 立山登山 の帰りに富山駅前で買ったもの。  マズイ! 忘れてたっ!

匂いをかいだら、お燗して呑みたくなりました。 でもここには、徳利がないなー。 しようがないので、フォーマーで(汗)
私としては 冷よりお燗が好きですわ。 
ラベルのデザインも素敵ですね。


立山酒造株式会社
カッコいいけど、大手の酒蔵っぽいのに、サイトの中身があんまりないのは ナジェ? 狙ってんのかな?
でもね。 「立山」って 幕末の あの パリ万国博覧会 に出品されたんだってーーーーー。ス、スゴくない?!



「お銚子」って、三々九度のなんかで使ったりする金属製とか、木製だったりする、ひしゃくみたいな酒器だよね。
もともとは宮中で使われていたもの?
「徳利」のもとは、神棚に供える瓶子:へいし らしい。

昔は、徳利って大きなヤツもいっぱいあって、お醤油とかお酢とかもいれてたんだよね。

徳利と言えば 飲み会なんかで  徳利のドコ でお酒を注ぐかって、話題になったことありませんか?
酔っ払い上司にいろいろウンチクを聞かされたような聞かされなかったような・・・。  

このページ のいちばん下に書いてあること : とっくりの「注ぎ口の形」が意味するもの ・・・のトリビア 信じてます。

ちゃんとしたお料理屋さんとか、旅館なんかに行く機会がもしあったら、確認してみませう。
[PR]
by shiro_taka_n_n | 2010-03-21 22:41 | 酒談議
<< これなぁに? こちらでは初めまして☆ >>