タグ:読書 ( 1 ) タグの人気記事
アメリカの約束
最近、本に埋もれています。その中から特に印象に残っている本をひとつ。

f0224060_14363225.jpg
「スリー・カップス・オブ・ティー」 グレッグ・モーテンソン デイヴィッド・オリバー・レーリン著 サンクチュアリ出版

ニューヨークタイムズのベストセラーリストに154週連続でランクインされたことも知らず「とてもいいから読んだら」・・・と先に読んだKUROからリレーされた本で
ジャンルも、その中身についても何の前情報もなく、カバーもその中のイラストもとても好みだわ♪くらいの動機で読み始めた私。

とてもシンプルな解りやすい言葉と短いフレーズで書かれているので、すぐに読めるから、たくさんの方に読んで欲しいなーと思う。

「1杯目はよそ者、2杯目はお客、3杯目は家族」 ・・・・ 表紙に書かれたこの一言に、テーマが集約されている。

登山家で、看護師でもあり、退役軍人のグレッグ・モーテンソンさんが、エベレストよりも難関といわれるK2登山に“失敗”
高山病にかかり、体力の限界がすぐそこまでやって来ていたとき
登山隊のポーターをしているおじいちゃんが、彼を見つけ「アラー・アクバル!(神は偉大なり!)、よかった無事でしたか」と
背中をたたき、チャイを入れてくれたところから、このノンフィクションは始まる。

道に迷って辿り着いたその村は、文明の辺境地帯。
文明の利器の届かない貧しい村ながら、客人を熱烈歓迎する習慣を持ち、熱心なイスラム教徒の暮らす小さなコルフェ村。
異教徒のアメリカ人を、家でいちばん上等なキルトで眠らせ、焼きたてのチャパティとラッシーでもてなし、貴重な砂糖をたくさん入れた甘いお茶を淹れ
体の弱っている旅人の体調を気遣い、彼のために村の大切な栄養源でもある大きな羊をつぶし、ふるまってくれた村人たち。
決して彼らが裕福だからではない!
子供たちは栄養失調で、病気を抱えている家族も多く、お医者さんまでは、歩いて1週間かかるような貧しい村なのに・・・。

彼らに助けられたことの恩返しに、と
自分が持っていた登山道具や薬を村人たちにプレゼントし、看護師としての知識を生かして、村人の怪我や病気をなおす手伝いをしながら
その村でしばらく過ごしたグレッグさん。
そんな生活の中で、さらに彼らの優しさと温かさに触れ、今度は僕の番だ・・・と貧しい村に「学校をつくる」と約束をする。
それもたったひとりで。 

More : とても感動したので、今日は長いです。
[PR]
by shiro_taka_n_n | 2010-05-19 18:45 | 読書感想文